夕日が落ちてから空が赤く焼けることがあります。この日も太陽が沈んでから空の雲が赤く焼けました。

エピローグ14
ストックより 瓶ヶ森



瀬戸内海側で生まれた雲海から滝のように雲が流れ落ちていました。まるで雲が生きているようです。

滝雲1_edited-1
撮影日時:2016.05.30 撮影場所:瓶ヶ森




この日は雲海が素晴らしく昼過ぎに消えていた雲海が夕方になって再びできました。流れるような雲海に夕日が差し込んでいました。

暮れる頃11
撮影日時:2016.05.30日没頃 撮影場所:瓶ヶ森


今年の花付は例年よりすべての花において例年より一週間ほど早いようです。瓶ヶ森のミツバツツジも既に見頃を迎えていました。

ツツジ雲海2
撮影日時:2016.05.30 撮影場所:瓶ヶ森


白い虹は霧の日が多い尾瀬では見れることがありますが四国内ではほとんど見れることがありません。一面のガスで視界がほとんどきかない山頂でガスが晴れるのを待っているとガスが晴れるのと同時に白い虹がでました。白い虹はその後うっすらと色付いた七色の虹に変化して消えました。10分間程度の感動のドラマでした。

白い虹1
撮影日時:2016.05.30早朝 撮影場所:瓶ヶ森