ブナの霧氷

ブナの樹は冬でも葉を残していることが多いと思います。色彩が乏しくなる冬の時期にブナの茶色の葉に霧氷がついていました。

ブナの霧氷
撮影日時:2015.01.31 撮影場所:伊吹山

COMMENT

AzTak URL @
02/13 10:02
. ブナはどこまでも頑張り屋さんで、人間生活には非常にありがたい樹木ですね。今になっても、樹氷にまとわりつかれても、葉を落とさずに頑張っているんですね。
光合成の働きを終えて、樹木本体との行き来はしていないものと思いますが、しがみつく理由は何なのでしょう。風よけの役目を果たしているのでしょうか。
- URL @
02/13 13:04
葉っぱを落とさない樹. AzTak様
ブナをはじめとしてミズナラなどのブナ科の樹木は冬になっても茶色く変色した葉っぱを落とさず一部を枝に残しています。大半の広葉樹が葉っぱを落とすのになぜでしょうかね〜。おっしゃるように頑張り屋さんなのでしょうかね〜。彩がなく殺風景になりがちな冬の山に茶色の色が残っているだけでも鮮やかに見えます。写真撮影のために残してくれているのではないでしょうから詳しくブナの樹に聞いてみたいものです。








 

TRACKBACK http://takawai.blog.fc2.com/tb.php/927-1dba8294