西陵初霧氷

まだ、木々の緑が残っている尾根の北側斜面に初霧氷がつきました。遠くには雲海が広がり、雲海の一部は尾根を越えて滝雲となっています。季節の移り変わりを感じさせられる風景です。

西陵初霧氷3
撮影日時:2014.10.15 撮影場所:石鎚山

COMMENT

AzTak URL @
10/17 10:51
. 緑も、黄も、赤も、ハゲも様々な中に、霧氷の白が割って入りましたね。その色模様をとても味わい深く拝見しました。
やはりハゲが真っ先に取り憑かれるようですね。そして滝雲も乱入。
こうして、山の上の秋は深まっていくんですね。
風雪ながら暮らし URL @
10/17 13:09
霧氷と雲海と紅葉. AzTak様
この日は雲海と霧氷を同時に見ることができました。霧氷は気温がマイナスになることだけはできず一定方向の強い風がないとできません。雲海も急激に気温が下がることが必要ですが霧氷とは逆に風が強いと流されてしまってできません。この日は雲海と霧氷が見れたのではラッキーな一日でした。また、紅葉もいくらか残っていたので季節の移り変わりを表現することができました。深まりゆく秋を前にして季節が移り変わる境目の風景を撮影できたことはカメラマン冥利に尽きます。








 

TRACKBACK http://takawai.blog.fc2.com/tb.php/853-6dbe1c9f