滝雲と紅葉

天狗岳に向かう尾根道の紅葉が目に付いたので滝雲を背景に撮影しました。

滝雲東稜1
撮影日時:2014.10.04 撮影場所:石鎚山

COMMENT

AzTak URL @
10/06 09:48
. 登っている人が見えていますね。普通装備で登ることができるぎりぎりの季節なんでしょうかねえ。
きちんと秋の様子を記憶にとどめておかなくてはいけませんね。
風雪流雲 URL @
10/06 10:01
おそらく山頂ヒュッテに泊まられた方. AzTak様
天狗岳山頂に普通の服装で登られている方はおそらく石鎚頂上ヒュッテに泊まられた方だと思います。この日の夜明け方頃は途中霧雨も降っていましたのでこのような服装でここまで登って来ることはできないと思います。山頂泊りで写真を撮影できれば体力的にも比較的問題ないこともありますし安全の面からもいいことはわかっています。しかし、撮影の度に小屋泊りだと経済的に追いつきませんのでやむなく夜間出勤しています。写真を撮影するため小屋泊りの方も多くおられます。うらやましくて羨望のまなざしで見つめています。それでも年に数回は必ず山頂泊りで撮影することに決めています。
すべりひゆ URL @
10/06 10:34
. こんにちは。
素晴らしい場面に遭遇されましたね。
・・・と言うより、これを予想されて登った石鎚山ですね。
私ではお目にかかれない景色を楽しませていただきました。
特にブルーの雲が滝のように流れる様が印象的です。
まさに滝雲ですね。
ひろぞう URL @
10/06 14:28
お疲れさまでした。. 2日間お世話になりました。
前日の瓶ヶ森、横でご指導いただいたおかげで満足のいく写真が撮れて感謝しています。
墓場尾根では記念撮影までしてくださりありがとうございました。
2度とあそこには行くことはないでしょうから記念になりました。
今度お会いしましたら涸沢での土産話、いっぱい聞かせてくださいね!
- URL @
10/06 18:26
お礼. すべりひゆ様
コメントありがとうございます。この日は、石鎚山山頂付近の紅葉もピークを迎えるとともに台風が来襲する直前の風景であることから多くのカメラマンが夜中から陣取る状況でした。期待が大きいと期待外れになることが多いのですが多くのカメラマンが期待した通りの光景が展開されました。とくにこの日は雲海が素晴らしく最近において見たことのないようなスケールの雲海が発生しました。雲海のみならず滝雲の写真も撮影していますので後日アップしてみます。
- URL @
10/06 18:37
写真ファイルいただきました. ひろぞう様
こちらこそ南尖峰での写真ファイルを送っていただきありがとうございました。この日の夕方は空がいい色に焼けたのですね〜。前日の瓶ヶ森の夕方も夕景が良く、翌日の明け方の朝景も素晴らしい光景が展開されました。夕景と朝景が続いていいことがまずないというのに当日の夕景もいいとは本当にまれなことではないでしょうか。涸沢の件ですが涸沢ヒュッテのフェイスブックで状況調べると強風で紅葉した葉がかなり落ちてしまったと書いていました。そのため、今年の涸沢は断念しました。来年こそは狙ってみようと思っています。








 

TRACKBACK http://takawai.blog.fc2.com/tb.php/837-d99b3b04