朝日を狙う

石鎚山は緑が濃くなり夏山の山容を呈しています。松山のM様後ろから失礼しました。

朝陽を写す2
撮影日時:2014.07.12日の出頃 撮影場所:石鎚山


COMMENT

AzTak URL @
07/13 15:09
. 光の関係もあるのでしょうが、山頂付近は濃緑色に見えますね。
今日は荒崎海岸というところに行ってきました。荒々しい岩礁が売りの海岸なんですが、踏ん張って歩かないといけないので、膝に弱点のある私めはかなり疲れました。こけるとカメラを壊してしまいますから。
そちらの場合は、カメラが壊れただけでは済まないんですよね。
踏ん張っていらっしゃるカメラマン氏の姿を見て、…。
ひろぞう URL @
07/13 20:32
. なるほど、こうきましたか・・・・・・
なんちゃってカメラマンの腰が恐怖のあまり引けてるのがよくわかりますね(^^)
しもた~!とん先でカッコイイポーズ決めていれば良かった(^^)v
また、ひとつ勉強させていただきました。
- URL @
07/14 03:00
岩場を歩くのは. AzTak様
荒崎海岸は三浦半島の名所ではなかったですか。西に海が開けているため夕日が綺麗ではないでしょうか。岩場の海岸から富士山を背景に夕日が沈む光景を思い浮かべます。おっしゃるように岩場は歩くのが大変ですよね〜。釣りをしていた頃よく岩場歩きもしていましたが釣りをしなくなって岩場を歩くことはほとんどなくなりました。岩場に打ち付ける波の撮影のために岩場を歩くのもいいかなと思っています。
- URL @
07/14 03:17
後ろ姿で人生を語れれば. ひろぞう様
天狗岳を撮影する後ろ姿決まってますよ。写真を観て楽しんだり当時のことを思い浮かべるには人が前向きの写真がいいですが風景写真としては後ろ向きの方がいいと思っています。へっぴり腰とおっしゃていますがなかなか様になっていますよ。大袈裟かも知れませんがまさしく後ろ姿で人生を語っているような気がして撮影させていただきました。カメラが狙っているのは天狗岳でもなく朝日でもなく人生だよ。いつかはそう言いたいですね〜。








 

TRACKBACK http://takawai.blog.fc2.com/tb.php/775-39b32e49