夕焼け雲

夕焼け雲を見て思い浮かべるのは子供の頃の憧憬でしょうか、故郷の情景でしょうか、立ち止まってみることもたまには必要だと思います。

茜雲2
撮影日時:2014.06.18日没頃 撮影場所:瓶ヶ森


COMMENT

AzTak URL @
06/29 14:45
. 正直に言いますと、私の場合、子供の頃の憧憬でも故郷の情景でも無くなってきました。
『今日は何とかやり過ごせたことに感謝します。願わくば、明日という日がありますように』…というところでしょうか。本当にじじ臭い話です。
どうせなら、『充実した日を過ごせたことを感謝』が一番良いのでしょうが、なかなかそうはいかないようです。まあ、私の器の問題なんですが。
- URL @
06/29 16:14
人それぞれに. AzTak様
夕焼け雲を見た時にどのように感じるかは人それぞれなのでしょうね〜。夕焼けと言うと夕焼け小焼けの赤とんぼという童謡唱歌にありますように子供の時の憧れのようなものを第一に思いますが現実には人それぞれによって違っているのだと思います。おっしゃるように充実した一日に感謝であれば本当にいいと思います。しかし、現実にはそのような寛容な気持ちにもなかなか至らない生活の厳しさはいかんともしがたいものがあると思います。感情に浸っているどころではないというのが現実ではないでしょうか。個人的にはこの頃ふと山頭火の人恋しきという句が浮かんでくるようになりました。多感な歳でもないのに不思議なものです。








 

TRACKBACK http://takawai.blog.fc2.com/tb.php/762-4351ee09