梅雨の晴れ間の雲海

梅雨の晴れ間に雲海を見ることができました。

雲海2
撮影日時:2014.06.18 撮影場所:瓶ヶ森


COMMENT

AzTak URL @
06/28 07:21
. この緑の部分のみを見ると、傾斜のきつい山岳コースのような感じがしないでもないのですが、実際には…。
せめてこの先の尾根がもう少しゆったりしていれば、コワガリの私でも何とかなりそうな気がしないでもなさそうに思いますが。
雲海の先も無茶苦茶遠いわけじゃないんでしょう。でも、…。
- URL @
06/28 15:55
石鎚山は瓶ヶ森から眺めるのがいいですね〜. AzTak様
石鎚山の山容を眺めるには瓶ヶ森からが一番だと思っています。瓶ヶ森の氷見二千石原と呼ばれる笹原がスケール感を与えてくれるので四国の風景としては雄大さを感じられるところが好きです。瓶ヶ森は登山口から40〜50分もあれば登れますので撮影機材を担いで夕方ごろに登っています。瓶ヶ森から石鎚山は縦走する人もいますが歩くと途中でテント泊となりますのでどうしても車で移動しています。瓶ヶ森で夕日を撮影してその日のうちに石鎚山登山口まで車で移動して車の中で仮眠して翌日の2時ごろ石鎚山に登るのがいつものパターンです。
ペンタ君 URL @
06/28 16:16
此の後は!. いい雲海が現れたのですね
此の後にドラマチックな展開になった
シーンを独り占め出来たのは凄いです
Fさんも羨ましがったのでしょうね
今日ふ~さんに頂いたジュース
水で薄めて登山中に飲んだら喉の渇きに最高でした
- URL @
06/28 18:09
この後思いもよらない光景が待っていました. ペンタ君様
土小屋から瓶ヶ森駐車場までは土砂降りの雨と物凄い霧で歩くような速度で車を運転してやっとのことで登山口までたどりつきました。登山口でも視界はほとんど無く霧雨のような状態でした。登るのをやめようと思いましたがここまで来たのならとレインウエーを着こんで雨の中を登っていきました。山頂まで来ると雨が降ったりやんだりの天候でしたので今日もやはりダメかと思っていました。三脚を片付けようとしているとしばらくして雨がやみそれと同時に視界が晴れてきました。この写真はその瞬間に撮影した一枚です。その後あっと言う間にガスに包まれてしまいました。今度こそダメかと思っていると再びガスが晴れました。ガスが晴れると今度は思いもよらないような劇的な夕焼けシーンが待っていました。本当にシャッターチャンスはどこに潜んでいるのかわからないものです。








 

TRACKBACK http://takawai.blog.fc2.com/tb.php/761-b064a375