一日の始まり

Wカップサッカー予選リーグはあえなく最下位で予選落ちです。サッカーはボールをゴールに入れるだけのことですがそれが何より難しいですね〜。

石鎚の朝1
撮影日時:2014.06.19日の出頃 撮影場所:石鎚山

追記
25日、ザック監督が現地で退任を表明された。記者会見では言い訳はなく結果は監督の責任と答えたそうだ。4年間お疲れ様でした。本大会の結果は、世界ではこれが日本の実力であると言うことを示している。冷静に受け入れなければならない。それにしても大久保の戦術批判は嘆かわしい。ドイツ〜スペインの2部リーグでも役に立たずに追い返させられた目立ちたがり屋の彼らしい。いずれにせよ試合に出場できた選手出られなかった選手もとにかくお疲れ様でした。


COMMENT

AzTak URL @
06/27 08:04
. 流れに棹を差さないレフェリングが南米の快進撃を呼んでいるようです。これこそ本来のサッカーなんでしょうね。
シミュレーションまがいの転び方をする本田や大久保は、倒れるだけ無駄だったようです。Jも世界に通用するようなレフェリングをしていかないと、サッカーの潮流から残されてしまいそうです。
- URL @
06/27 08:46
過保護なサッカー. AzTak様
残念ながら日本と世界の差は縮まるどころか広がってしまった感さえする本大会となりました。少しのチャージくらいでは倒れない世界の選手と肩が当たっただけでいとも簡単に倒れてしまう日本の選手では勝敗を予想することも必要なかったのかもしれません。また、それを過保護に優遇させてきた日本レフェリーのレベルの低さを図らずも露呈しまう開幕試合のブラジル戦でした。選手のみならずレフェリーも世界標準に準じなければ増々世界から日本サッカーーは取り残されることとなるのでしょうね〜。安易にはファールを認めないと言っても世界のレフェリーは危険なプレーには厳しくカードを出します。大久保が海外移籍したドイツから追い出されたのも密集エリアで危険なオーバーヘッドキックをやってしまうことだと記憶しています。それにも関わらず最終戦でまたやっていましたね。世界が見る目と日本が見る目が異なっていることに気づいていないことに進歩のなさを感じてしまいました。








 

TRACKBACK http://takawai.blog.fc2.com/tb.php/759-f83ac66d