静寂の刻(とき)

冬の空が澄み切った日の夜明け前に数分だけ見ることができる風景です。

月2
撮影日時:2014.01.23夜明け前 撮影場所:桑瀬峠


COMMENT

AzTak URL @
02/05 16:47
. こういう写真を拝見すると、それでなくとも疲労困憊だろうに、いつ寝るのだろうかって心配になってしまいます。

いわゆるBlue Momentなんでしょうかね。天気予報を信じて、間にあうように準備を始めるのでしょうか。外れることも珍しくないだろうし、大変なことですよね。
風太郎 URL @
02/05 23:38
天上の世界. 放射冷却もあって猛烈な寒さなのでしょうが、それも忘れる至福の時でしょうね。
天上の世界に立った者だけが見られるドラマ。
- URL @
02/06 19:00
天気予報は. AzTak様
天気予報は気象庁の発表も観ますがそれより民間から出されている山の天気予報を参考にしています。民間の天気予報も2、3個観ています。しかし、最終的には今までの経験で判断しています。天気の良否である降雨確率、降雪確率の情報も観ますがそれと同様に風の情報に留意しています。雲海の有無や無氷の有無は風の影響が大きいためです。そして何より風の大小が致命的な結果を惹起することのほうが多いと考えています。
- URL @
02/06 19:07
この時だけは. 風太郎様
この時間帯は本当に絵になると思っています。撮影は低層の空がピンク色に染まる瞬間まで待って撮影していますが漆黒の闇からブルーに変わりさらに低層にピンク色のビーナスベルトが見え始めると疲れも吹っ飛びます。また、寒さも一瞬ですが吹っ飛びます。このような風景に出合うと苦労してもまた登ろうと思ってしまいます。だからやめられないのでしょうね〜。








 

TRACKBACK http://takawai.blog.fc2.com/tb.php/667-c6cb820a