ダイヤモンド石鎚

石鎚山頂に太陽が沈もうとしています。太陽の沈む位置が石鎚山頂になる11月と1月にこのような光景を見ることができます。

ダイヤモンド石鎚1
撮影日時:2013.11.05日没頃 撮影場所:瓶ヶ森

追記)明日から週末まで都合によりブログの更新を休みます。それではまた。



COMMENT

ランスケ URL @
11/18 12:09
冬至を挟んで. えっ?1月と一瞬、目が点に。

なるほど、太陽が最も南に傾く冬至を挟んで、1月は元に(11月の位置)戻るわけですよね。

そう云えば、2年前の冬の瓶ヶ森でも石鎚の上に夕陽が落ちたような記憶が。

土小屋ライブカメラでは、18日正午現在、雪が降っていますよ。
風雪流雲 URL @
11/18 12:37
雪が降ってますね~. ランスケ様
冬のダイヤモンド石鎚を見るためには厳冬期の夜に瓶ヶ森にいないと見ることが難しいので見たことがあるとは凄いですね~。土小屋のライブカメラを先ほど見ました。本当に雪で歩道が白くなっていますね~。今日から数日の石鎚山頂は吹雪くのではないでしょうか。雪の石鎚を撮影したのですがどうも風が強そうです。風が収まる頃を見計らって登ってみようと思っています。冬山に向けてのトレーニングをする暇もなく冬がやってきた感があります。冬用の登山靴、手袋やアイゼンやピッケルなどを引っ張り出してきました。青空の下で雪道を歩きたいものですね~。また、白くなった天狗岳の夜明けも見たいものです。
いけぴー URL @
11/18 17:16
こんばんは. 石鎚に沈む夕日と光芒、山と白骨樹のシルエットが素敵ですね!
AzTak URL @
11/18 17:26
. ダイヤモンド石鎚ですか。山の上ではなく撮影ができる三浦半島あたりから富士山でやってみようと思いますが、山の上で頑張るのは結構厳しいことでしょうね。
もうちょっとで山頂に乗りますね。
風雪流雲 URL @
11/18 19:32
いつも拝見していますよ. いけぴー様
ブログ、ガンレフ、500いずれも拝見していますよ。四国から全国へそして世界へ目を向けて可能性を追求する姿勢には頭がさがります。写真の場合、自分の殻に閉じこもって自己満足の世界に浸ってしまう傾向にありますが自らの殻を破っていこうとする意気込みが感じられます。高速道路を走っていて、バックミラーに背後の車が映ったかと思えばあっという間に抜き去っていったような感覚です。それにしても山でお会いしませんね~。それだけお会いする時の楽しみが増えると言うことでしょうか。
風雪流雲 URL @
11/18 21:38
是非トライしてみてください. AzTak様
ダイヤモンドと言えば富士山ですよね~。ダイヤモンド富士を是非トライしてみてください。富士山のような単独峰の場合、山頂に雲が湧くことが多いので撮影できればよい記念になると思います。石鎚山も日没頃になれば山頂付近に雲が発生するか瓶ヶ森にガスが発生するので以前に何度かトライしましたが駄目でした。今年は運よく雲もガスも発生することがなかったのでイメージどおりの一枚が撮影できました。
- URL @
11/20 15:19
管理人のみ閲覧できます. このコメントは管理人のみ閲覧できます
風雪流雲 URL @
11/22 12:32
写真の件了解です. ISPR様
写真の件了解です。拙写真でよろしければ関連する写真ファイルを送付させていただきます。送付期限などがありましたら知らせてください。よろしくお願いします。
いけぴー URL @
11/23 21:08
こんばんは. いえいえ、とんでもございません。僕などはまだまだです。拙い写真で遊んでいます(^^;)

お感じになられたとおり内容に反して評価やポイントなどが過剰になっております。

いずれお会いできると思っておりますが、なかなかですね(^^;)









 

TRACKBACK http://takawai.blog.fc2.com/tb.php/624-cbf3eb60