雲海に浮かぶ

山頂から見る風景には平地では見ることができない風景がいくらかあると思います。そのひとつが雲を見下ろす風景ではないでしょうか。

雲海

雲海に浮かぶ
撮影日時:2013.01.06 撮影場所:石鎚山


COMMENT

ペンタ君 URL @
03/22 18:22
こんな出会いが有れば. こんにちは、見事な雲海ですね
厳冬期の雲海は別格みたいです
苦労して登ったごほうびみたいです
明日私も有るでしょうか?
風雪流雲 URL @
03/22 19:07
お礼. ペンタ君様
風景写真に雲海とか霧があると趣が加わるのでそのような条件が発生すろときを狙って出かけています。しかし、そのような条件にめぐり合うことはほとんどなくて大半が空振りのダメだったの繰り返しです。このブログにコメントをいただいているAzTak様が「撮ろう」は「徒労」だとうまく表現されていました。繰り返される徒労を見かねた神様がいつかはご褒美をあたえてくれるのが写真の世界ではないでしょうか。
重要なことは神様からのご褒美を受け取る力を養っているかどうかだと思います。ペンタ君様にはその力が十分あると承知しています。
三浦 URL @
03/22 19:58
いい写真7. いい写真が撮れていますね。無理して石鎚を入れなかったのがいい。
風雪流雲 URL @
03/22 20:48
お礼. 三浦様
ご多忙のなかコメント頂きありがとうございます。一枚目は、放射状に伸びる雲が印象的だったので瓶ヶ森を中央下に配して雲全体を撮影しました。二枚目は、右上に瓶ヶ森を配したことに対してバランスをとるため雪が積もった状態の夜明峠を左下に配しました。一枚目も二枚目も石鎚を意識的に外して撮影しました。過分なお褒めをいただき光栄に存じます。
せい爺 URL @
03/23 09:08
. いつも素晴らしい写真を
ありがとうございます。
畑中良一 URL @
03/23 12:34
ありがとうございました. 先日”ひょうたん桜”でお世話になった者です。
いろいろと楽しい話が聞くことが出来て、良いひと時を過ごせました。

私には山の写真を撮ることは叶いませんが、
ブログを見せてもらって楽しみます。
活躍と健康をお祈りしています。
ふじやま古墳 URL @
03/23 12:49
うーん. 何ともスケールの大きな写真(@_@)
後期高齢者にはとても手に入る写真ではありませんが、拝見して楽しんでおります。
これからも楽しみにしております。

あけぼのが咲くころには林道までは出かけるつもりです。
風雪流雲 URL @
03/23 18:58
お礼. 畑中良一様
こちらこそいろいろ有意義なお話を聞くことができ楽しい時間が過ごせました。車に寝泊りして宿毛とか土佐久礼にだるま朝日の撮影に出かけるとはすごいですね~。まねができません。また、干潟の場所などを教えていただきありがとうございました。夕日の干潟をいつかは撮影したいと思っています。わがまま気ままなに撮影した画像ばかりですがこれからもお気軽にお立ち寄りください。
風雪流雲 URL @
03/23 19:06
お礼. せい爺様
下手な鉄砲もなんとかであちらこちらに出かけては撮影しています。写歴だけはいつのまにか30年近く(29年)となりました。いつまで経っても進歩していませんが体力と経済力の許す限り撮影にでかけてブログを更新していこうと思っています。時間あれば覗いてみてください。
風雪流雲 URL @
03/23 19:19
お礼. ふじやま古墳様
アケボノツツジの記事にコメント頂いたときはふじやま古墳様のことを知らずにいかにも知ったようなお返事をしてしまい失礼しました。ひょうたん桜を撮影しているとき畑中様からふじやま古墳様がギャラリーを経営されている方だと教えていただき恥ずかしくなってしまいました。アケボノツツジの咲く頃には岩黒山などでお会いするかもしれません。もし見かけたら気軽に声をかけてください。今治方面に撮影に出かけたときはギャラリーにもお邪魔させていただきます。








 

TRACKBACK http://takawai.blog.fc2.com/tb.php/460-cc42ea7e