伊予富士に登ってきました

春のような天候のなか伊予富士に登ってきました。山登り日和は写真日和でないのが悩ましいところです。

伊予富士自分1
伊予富士山頂から歩いてきた寒風山方面の尾根道を眺めています。誰もいません。登山口から3時間の山登りです。
伊予富士1
撮影日時:2013.01.31 撮影場所;伊予富士


COMMENT

AzTak URL @
02/01 19:12
. 本当に綺麗な尾根道ですね。その尾根道を眺めて自分以外に誰もいないとわかったとき、怖くなったりしませんか?怖いと思ったら山登りができるはずがないでしょうかね。
『そして誰もいなくなった』の世界のように思えて、…臆病すぎますね。
風雪流雲 URL @
02/02 07:05
不安と勇気. AzTak様
雪山で誰もいないと不安になります。一人で山に登っていると不安で途中で引き返したことが何度もあります。日本で初めて8000m級の山13座全てを制した竹内氏が山登りに必要なものは何ですかと記者に尋ねられて答えていた言葉を覚えています。竹内氏は確かこのように答えていたと思います。「最も必要なものは不安を感じること、臆病でいることです」。これだけの偉業を達成するには当然のように勇気が必要だと思っていましたが竹内氏の口から出た言葉は不安、臆病という意外な言葉でした。「不安」と「勇気」は真逆の位置にあるように思えますが、実は表裏一体で不安を忘れた勇気はただの「無謀」となるのではないでしょうか。








 

TRACKBACK http://takawai.blog.fc2.com/tb.php/422-fcf57539