夜明けを迎える

前回が剣山頂上の夜明けの風景だったので今回は石鎚山頂上での夜明けの風景を載せてみました。

夜明けを待つ2

COMMENT

ふうぱぱ URL @
07/08 20:44
改めてはじめまして. どうもです!
本日、剣山にて晴れ間を待ちながらいろいろとお話しを聞かせて頂きました「ふうぱぱ」です。
今ブログを拝見させて頂きまして、「お!綺麗な朝焼けじゃん!」と思いましたが、本日は石鎚山でしたか( ^ ^ )。
あの後、大阪からいらしてた単独の方と待つこと1時間ちょい。…晴れましたよ!!
気温が一気に上がったかと思ったら、ガスが一瞬にて晴れました!
どうやらその大阪の方が晴れ男だったようです( ^ ^ )。
その後、頂上にてガスが晴れたりかかったりしながら、2時間ほど過ごした後、下山しました。天気予報を信じて登って良かったです!
長文となり、誠に申し訳ありませんm(_ _)m。
これからもおじゃま致しますので(たぶん毎日)、どうぞよろしくお願い致します!
それでは、またいつか四国のどこか綺麗な所でお会いできる日を楽しみにしています!p(^_^)q
風雪流雲 URL @
07/08 21:20
嬉しい限りです. ふうぱぱ様
コメントありがとうございます。
世間は広いようで狭いものなんですね~。
剣山の山頂でブログの話を通じて楽しい時間を過ごせたことは嬉しい限りです~。
今日は、絶対晴れると夜中の2時からヘッドランプの灯りを頼りに一の森まで登りましたが一度もカメラをザックから出すことはありませんでした。しかし、風景の収穫より写真を通じて人との付き合いと言う素晴らしい収穫がありました。最近は石鎚と言い剣山といい雨続きで山頂でのこれと言った風景を撮影していませんがいつかは感動するような風景に出会えると信じて山に登っています。自己満足の拙画像ですが何か心に残っていただければればと思っています。これからもお気軽にお立ち寄りください。そして、またどこかの山でお会いできることを楽しみにしています。
AzTak URL @
07/09 08:27
. 山に縁がなくてもこの感激はわかります。
悩みなど吹っ飛ばすような圧倒的な陽の力。その前では、どんな者でも素直に慣れるんでしょうね。
風雪流雲 URL @
07/09 12:18
お礼. AzTak様
コメントありがとうございます。
神様の存在を日常生活において考えることはありませんがこのような光景の前では目に見えない力の存在を意識せざるを得ません。
このような圧倒的な力の存在を神とみなされているのではないでしょうか。
神の存在を信じるか否かに関わらずとも人は自然に接することにより見えない生命力の分け前をいただくのかも知れません。








 

TRACKBACK http://takawai.blog.fc2.com/tb.php/227-c462f35a