食べ物が豊かになり以前には庭に植えられ吊るし柿などにして食べらていた柿も今ではほとんど食べられなくなりました。写真撮影には好都合ですが複雑な心境です。

柿雪1
撮影日時:2014.12.05 撮影場所:久万高原町

この時期の柿の色はなんとも言えない深い味わいがあります。ゆっくりとした時間と冬の寒さが作り出した独特の色なのでしょうね。

残り柿琴平21
今年もあっという間に残すところ今日をいれてあと3日となりました。いろんなことがありましたがやっと一年の終わり並びに新年を迎えることができるようになりました。年末年始はぐずついた天気が続きそうです。スッキリした青空が欲しいものです。

柿風景小田7
今年もこの柿に会いに車で6時間かけて撮影に出かけてみました。昨日の夜から降った雪が解けてしまうのではないかと思い、夜明け前の3時に自宅を出ました。やはり柿には雪ですね。

柿風景小田5
枝が折れるのではないかと思われる沢山の実をつけています。通常なら沢山の実をつけた柿の樹の印象しか受けませんが背景の山に雪があるため風景が一変します。それにしても沢山の数の柿の実です。雪が積もると枝が折れるのではないかと心配してしまいます。

柿風景西条1