陽が沈むと同時に雲海が広がりました。手前に霧氷を入れて撮影しました。

瓶ヶ森夕景1
撮影日時:2016.11.25日没後 撮影場所:瓶ヶ森

瓶ヶ森にあるこの白骨樹は別名カメラマンの樹と呼ばれています。以前は大きく迫力あったためこの樹を多くのカメラマンが取り囲んで撮影していました。最近では傷みも激しく小さくなり撮影するカメラマンも少なくなりました。それでも朝日を受けて凛として立つ姿には感動を覚えます。

瓶ヶ森朝1
撮影日時:2016.11.26日の出頃 撮影場所:瓶ヶ森

紅葉の時期は過ぎてしまいましたが過ぎてしまうと見たくなるようで紅葉の写真を蔵からひっぱり出して眺めています。今年は異常なほどの高温で山では8月末に山頂の樹が枯れて山頂の樹だけが紅葉していました。このようなことは初めて見ました。平地の紅葉も平年より一週間ほど遅れたようですが山より平地の紅葉が綺麗だったように思われます。

揺れる紅葉2

小田深山9
撮影場所:小田深山

早いものでもう12月となり今年も残すところあと1カ月とないました。12月に入ると石鎚スカイラインが閉鎖となるため石鎚山に登ることも減りそうです。

石鎚初雪4
撮影日時:2016.11.25日の出頃 撮影場所:石鎚山

この日の朝に付いた霧氷は白い花が咲いたようでした。霧氷が付いたら殺風景となりがちな冬の山が華やかになります。

200回目9
撮影日時:2016.11.29 撮影場所:石鎚山